u++の備忘録

Rで棒グラフと折れ線グラフを重ねた図を作成 〜出生数・出生率を例に〜

下記のツイートを見て、出生数・出生率の推移を調べてみようと思った。

可視化した結果は下記の通り。

f:id:upura:20171226114323p:plain

データは下記サイトからダウンロードした(出典:厚生労働省「人口動態統計」)。
1.出生数、出生率の推移|平成27年版 少子化社会対策白書(概要<HTML形式>) - 内閣府

Rスクリプト

label <- t(df['year'])
num <- t(df['birth_num'])
rate <- t(df['birth_rate'])

par(mar=c(4, 5, 2, 5))
barx <- barplot(num, names.arg=label, xlab = "", ylab = "Number of live births", col=c('white'))

par(new=T)
plot(barx, as.matrix(rate), type="o", axes = F, xlab = "", ylab = "")
axis(side = 4)
mtext("Birthrate", side = 4, line = 3)
box()

abline(v=51)