読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大のオンライン講座のプレゼントに当選

先日受講した東大の研究者向け英語オンライン講座「English Academia」に関して、受講者アンケート回答者の中から抽選で選ばれたらしく、プレゼントが送られてきました。

ロゴの入った3色ペンでした。

f:id:upura:20170407231827j:plain

東大の研究者向け英語オンライン講座「English Academia」を受講しました

東京大学の大学総合教育研究センターは2月10日、無料で学べる研究者向けの英語オンライン講座「English Academia」を開講しました。

utokyo-ea.com

10個のModuleから成り、それぞれ「英語での自己紹介」「国際学会でのプレゼンテーション」など研究者に想定される状況に応じた英語が学べるように設計されています。全ての学習を終え、最終テストで8割以上正解すると「受講証」を入手できます。

f:id:upura:20170313212515p:plain

感想は時間がある時にでも追記します。

Googleドキュメントで取り消し線

メニューバーになく、ショートカットキーで処理する。

  • Mac:Option + Shift + 5

PyInstallerでPythonファイルをexe化

先駆者のページから必要部分を抽出。
retrofocus28.blogspot.jp

インストール方法
> pip install pyinstaller
一つのファイルに実行時にコマンドプロンプトを表示させない形式でexe化
> pyinstaller hoge.py --onefile --noconsole

【遊戯王デュエルリンクス】新たな海馬ハイスコアデッキ 「薄幸の乙女」が「猫耳族」の代わりに

2月23日に実施されたメンテナンスで、「ネコ耳族」「スピリットドラゴン」に対してAIが一定の条件を満たさないと攻撃してこない挙動が修正されてしまいました。

duellinks.doorblog.jp


レジェンドデュエリストのドロップカード(「エネミーコントローラー」「墓守の巫女」など)は、ますます手に入れづらい状況です。
そんな中、2月28日に販売開始した新パック「ヴァルキリーズレイジ」のRカード「薄幸の乙女」で、修正前の「ネコ耳族」と同様の現象が確認できました。

以下がサンプルデッキです。ハイスコアを獲得するためのギミックとしては「クーフーリン」を採用しています。

appmedia.jp

f:id:upura:20170304014909p:plain

デュエルの中で、具体的な流れを説明します。
まず「薄幸の乙女」を攻撃表示で召喚します。「RAY-MEI」を使ってサーチが可能です。
すると相手は攻撃力で上回っているにもかかわらず、攻撃してきません。

f:id:upura:20170304020914p:plain

自分のターンでは「薄幸の乙女」で相手に攻撃し、効果で攻撃できないようにしておきましょう。反動ダメージは杏子のスキル「」で0になります。
このような流れを続け、次のような盤面を目指します。ここでは、相手の3体全てに「薄幸の乙女」の効果が適用された状況になっています。

f:id:upura:20170304021044p:plain

この盤面を構築するまでに、以下の二つが課題になります。

  • エネミーコントローラー
  • 異次元の戦士

そのため前者に対しては「フォースフィールド」を、後者に対しては「エネミーコントローラー」「クリボール」など防御カードを積んでいます。

この盤面になれば、あとはハイスコアに向けた準備を整えるだけです。今回は攻撃力5000の「クーフーリン」でダイレクトアタックし、スコア5000を出しました。

f:id:upura:20170304021743p:plain

(僕は持っていない)「ユニオンアタック」などを組み込めば、よりハイスコアを叩き出すことも可能だと思います。

[「薄幸の乙女」が攻撃される条件]
(自分のライフポイント)<(相手モンスターの攻撃力の合計)―(「薄幸の乙女」の攻撃力)✕(相手モンスターの数)

【遊戯王デュエルリンクス】100%当たるギャンブルデッキが強い 「運を味方に!」

城之内のドロップスキル「運を味方に!」を基にしたギャンブルデッキが強いです。
f:id:upura:20170114150044p:plain

デュエルキングのみとマッチングするレート帯で連勝できる強さになったので、デッキレシピを公開します。
f:id:upura:20170114150150p:plain

デッキレシピ
f:id:upura:20170114150239p:plain

戦い方
最初に「運を味方に!」は発動条件「ライフ999以下」を満たすようにライフを削ります。
f:id:upura:20170114150456p:plain
f:id:upura:20170114150513p:plain

直接攻撃を実質的に無効化できる「ホーリージャベリン」や攻撃を封じられる「イタクァの暴風」を使い、相手から食らうダメージを調整しましょう。時には「銀幕の鏡壁」で自らライフを削ることもあります。

このスキルの存在すら知らない相手がほとんどなので、こちらが事故っていると思って一気に攻め込んでくる場合が多いです。
f:id:upura:20170114150858p:plain

こうなったら、後はスキルを使って好き放題です。「強欲な壺」と化した「カップ・オブ・エース」で手札を補充し、エースモンスター「リボルバー・ドラゴン」を展開します。

以下の流れが理想的です。

  1. 「カップ・オブ・エース」で手札を補充
  2. 「嵐」で相手の伏せカードを除去
  3. 「時の魔術師」や「ツインバレル・ドラゴン」を召喚し、効果で相手のモンスターを除去
  4. 「生け贄人形」で「リボルバー・ドラゴン」を特殊召喚(ついでに効果で相手のモンスターを除去)

f:id:upura:20170114151725p:plain

リボルバー・ドラゴン」は毎ターン相手のモンスターを確定で破壊できるチート・モンスターに変貌します。相手は序盤の攻めで手札を消費していることが多く、一気に形勢逆転する場合が多いです。
ランク戦は、恐竜・海・虫デッキで溢れていますが、地雷デッキとして十分活躍できそうです。何よりプレイヤーの腕次第で強くも弱くもなるデッキなので、デュエルが非常に楽しいです。

【遊戯王デュエルリンクス】再びデュエルキングになった「フライング寄生」のデッキレシピ

1月11日にリセットされたレート戦で、再びデュエルキングに。

インセクター羽蛾のスキル「フライング寄生」を活用したデッキ。

f:id:upura:20170112014330j:plain